地域固有の木造伝統住文化を活かした 安心して暮らし続けられる住まい・ まちづくりの実現を目指して
実験風景、防火/耐震改修町家

 各地の伝統技能者、研究者、建築実務者、市民、学生等、様々な分野の方々との協働で、関西京都をはじめ各地の伝統木造住宅と歴史的まちなみの多様な個性と魅力を守りながら安心して暮らし続けられる住まい・まちづくりの研究と成果の啓発に取り組んでいます。

新着情報


2017/07/23 シリーズセミナー 「歴史的まちなみの伝統的木造建造物をさまざまな災害から護りぬく」 第5回「大工棟梁から学ぶー大地震でも倒壊を防ぐ木造伝統構法の智慧」


2017/02/19 京町家の温熱環境調査報告会「京町家の温熱環境と省エネルギー」


2017/02/05 シリーズセミナー 「歴史的まちなみの伝統的木造建造物をさまざまな災害から護りぬく」 第4回「地震の強震動から建物被害を抑えるために」


2016/11/11ー13、18ー20時 毎年恒例の地域イベント「都(みやこ)ライト」への参画  テーマ「京都の木と土壁の文化を活かして京町家を地震・火災から護りぬく」


2016/11/19 勉強会「歴史的まちなみの伝統的木造建造物をさまざまな災害から護りぬく」


2016/07/23 シリーズセミナー「歴史的まちなみの伝統的木造建造物をさまざまな災害から護り抜く」  第3回「伝統木造建築技術を基盤とする防災文化の再構築」


H26年度文化庁委託事業「木造文化財建造物総合防災ネットワーク事業―木造文化財建造物総合防災診断指針」の報告会開催


2016/04/27 熊本地震被災地情報支援の一環として、H26年度文化庁委託事業の研究成果「木造文化財建造物総合防災ネットワーク事業―木造文化財建造物総合防災診断指針」を掲載しました